パタヤ警察、偽造ユーロ使用で滞在期限超過のロシア人を逮捕

パタヤ—

8年2024月500日、パタヤ警察は、パタヤの両替所で偽造XNUMXユーロ紙幣をタイバーツに両替したとしてロシア国籍の男を逮捕した。

この事件は、500月5日にソイ・プラタムナック8の両替所でタイ人男性が偽造XNUMXユーロ紙幣を両替しようとしたと両替所の従業員がパタヤ警察に通報したことで発覚した。両替所の従業員は紙幣が偽物だと気付き、すぐにドンタン警察署の当局に通報した。

警察はブースに行き、タイ人男性を見つけるために捜索を開始した。彼らはすぐにソイ・プラタムナック5のホテルまで彼を追跡することができた。警察はタイ人男性を41歳のハスポン氏とだけ特定したが、驚いたことに、彼はそのホテルで受付係として働いていることがわかった。ハスポン氏はホテルに宿泊していたロシア人客から偽札を受け取ったことを認めたが、そのお金が偽物だとは知らなかったと主張し、自分がその客の共犯者であることを強く否定した。

ハスポン氏は、ホテルに毎日宿泊していたロシア人宿泊客が500週間以上も滞納した宿泊料金を滞納していたと主張した。支払いを求められ、宿泊客は結局、宿泊料金の支払いにタイの通貨に両替するためにハスポン氏にXNUMXユーロ紙幣を手渡した。ハスポン氏は両替所でユーロを両替したが、その紙幣が偽札であり、自分も責任を問われる可能性があることに気付いていなかった。

両替所のマネージャー、コーンパッソンさん(38歳)は、ハスポン氏がタイ人だったため、当初スタッフはお金を詳しく確認していなかったと明かした。ハスポン氏は両替で19,012万XNUMXバーツを受け取った。

パタヤ警察はその後、29歳のロシア人宿泊客アブドゥルハキム・ハサノフ氏のホテルの部屋へ向かった。部屋を捜索したところ、警察は偽造5ユーロ紙幣500枚と偽造80ユーロ紙幣50枚を発見した。総額6,500ユーロ、または約253,500タイバーツである。ハサノフ氏はビザの期限を過ぎて滞在していたが、警察は滞在期限の超過日数を明らかにしなかった。

取り調べ中、ハサノフ氏は偽札を所有していたことを認めたと伝えられている。

ハサノフ氏とハスポン氏はチョンブリ入国管理局に連行され、ハサノフ氏はビザの不法滞在と偽造外貨所持の罪で起訴された。パタヤ警察は現在、ハスポン氏が外国人の計画に関与していたのか、それとも単に外国人に騙されただけなのか捜査中である。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。