パタヤの連続窃盗犯、釈放5分後に再逮捕

オプラス_0

パタヤ—

ウドンタニ県出身の21歳のタイ人男性が、チョンブリ県のさまざまな場所の募金箱からお金を盗んだ疑いで、刑務所から釈放されてわずかXNUMX分後に再逮捕された。

容疑者のサハラト・サナンタイ氏(通称キム)は、6年2024月XNUMX日にバンコクのミンブリー中央刑務所から出てきたところをバンラムン警察に逮捕された。同氏は窃盗罪で有罪判決を受け、刑期を終えたばかりだった。

警察によると、サハラト容疑者は13年2024月XNUMX日以降、有名な慈善団体の職員に変装してチョンブリ県の病院、ショッピングモール、ホテル、空港などさまざまな場所にある募金箱にアクセスし、一連の窃盗を犯した疑いがある。彼は偽造文書を使って職員を騙し、募金箱を開けてお金を盗んでいた。

ある事件では、サハラト容疑者が地元の病院の募金箱から40,000万バーツ以上を盗んだと報じられている。警察は、同容疑者がすべての募金箱から約100,000万バーツを盗んだとみている。

昨日の逮捕前に、サハラト氏はバンコクで別の窃盗容疑で2か月間投獄されていたことが判明した。そのため、バンラムン警察はパタヤ地方裁判所に逮捕状を請求した。警察は刑務所でサハラト氏を待ち、釈放されるとすぐに逮捕し、新たな容疑でバンラムン警察署に連行した。

警察によると、サハラト容疑者は15歳の時から窃盗罪で少年院や刑務所を出たり入ったりしている常習犯だという。彼は両親の死後仕事が見つからなかったため再び犯罪に手を染めたと主張している。

サハラト氏は窃盗と文書偽造の罪に問われている。警察はまた、国民に対し、同様の詐欺には注意し、疑わしい行為があれば当局に通報するよう警告している。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2024年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。