タイ、イスラム教徒旅行指数で順位を向上、タイをハラール旅行の中心地にする計画

全国 -

タイ首相府報道官チャイ・ワチャロン氏によると、マスターカード・クレセント・レーティングの世界ムスリム旅行指数(GMTI)32において、タイはムスリム旅行者に人気の旅行先の中で2024位にランクされた。

チャイ氏は、タイは非イスラム教国(非OIC)の中でも5位にランクされており、スレッタ・タヴィシン首相は、より多くのイスラム教徒の観光客を誘致するためのイベントや活動の開催計画を加速させることで、この成果を活用していると述べた。

チャイ氏は、スレッタ氏はタイを食品、観光、ファッション、ソフトパワーなどあらゆる面でハラール産業の中心地として確立することを目指していると述べた。スレッタ氏はGMTIのランキングに満足しており、イスラム教徒市場をターゲットにした観光イベントをさらに開催するよう関係機関に指示した。

チャイ氏はさらに、イスラム教徒の旅行市場は2024年に大幅に成長し、世界中のイスラム教徒旅行者は推定168億5万人に達し、COVID-19以前の水準からXNUMX%増加すると予想している。

チャイ氏は、タイは美しい国であり、ハラール食品・製品産業の先駆者であるとみなされていると述べた。タイにはすでに多様なイスラム教徒のコミュニティが存在するため、イスラム教徒の観光客にとってフレンドリーな環境が整っているとチャイ氏は述べた。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

一般的なニュースのヒント、プレスリリース、質問、コメントなどがありますか? SEOの提案には関心がありません。 にメールしてください Tips@ThePattayanews.com

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。