最新情報:パタヤ近郊の高速道路で障害者男性が死亡した事件の捜査が続く

バンラムン:

地元記者たちは、チェンライ県出身の28歳の男性、アマエ・マヤ氏の悲痛な物語を暴露し、衝撃を受けた。 以前こちらで報告したように、彼は今週パタヤ近郊でひき逃げ事故により亡くなったようです。

萎縮した手足とポリオを患う障害者のアマエさんは、国道331号線(サッタヒップ – ナコーンラーチャシーマー)のカオマイケオ交差点付近で身元不明の車両に衝突され、悲劇的に命を落とした。彼の遺体はバンラムン県カオマイケオ地区の1番村付近で発見された。

この事件は、以前アマエさんに食料や水、援助を提供していた警察と地元の村人たちが、彼を故郷に送り返す準備をしていたときに発覚した。驚いたことに、彼らは彼が遺体で発見した。カオ・マイ・ケオ警察署から約500メートル離れた、彼が死亡した場所には血痕と遺体の靴が残されていた。

残念ながら、事故の目撃者はいなかったが、一人の若者が遺体を避けるために車を急ハンドルで操作し、道路から外れて警察に通報した。この男性は、人間と衝突したことで生じたと思われる損傷が車になかったため、後に警察によって無罪となった。

悲劇的な事件の3日前(2024年331月XNUMX日)、地元記者のタナパット・アヴァラ氏(別名エク氏)とフアイヤイ警察署の警官が、村人の家の近くで寝ているアマエ氏を発見した。アマエ氏は、理由は不明だがウタパオ国際空港の近くで友人らに置き去りにされ、チェンライに戻る方法を見つけようとXNUMX日間国道XNUMX号線に沿って歩くことにしたという。

疲れ果てた彼は、カオ・マイ・ケオ警察署前のバス待ち用の休憩所に避難した。

警察はアマエ氏の身分証明書を確認した結果、彼が障害者であることを確認した。警察は彼をカオ・マイ・ケオの警備所に連れて行き、情報を収集し、彼の親族と連絡を取った。アマエ氏は、友人たちとラヨーン県を旅行したが、空港に置き去りにされたと話した。彼は家に帰ることを決意し、カオ・マイ・ケオの交差点に着くまで歩いた。

悲しいことに、事故は4年2024月12日午後36時XNUMX分頃に発生しました。近くのカフェの防犯カメラの映像には、店に入って店裏のプールエリアで休む場所を見つける天江さんの最後の瞬間が映っていました。これが、人生ですでに大きな困難に直面していた男性の最後の姿になるとは誰も知りませんでした。

警察は、天江さんを殴り殺し、その後現場から逃走した犯人の捜索を続けている。

登録する
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。