パタヤで外国人に襲われたタイ人女性が負傷

パタヤ–

タイ人女性が土曜日(6月XNUMX日)にパタヤでインド国籍の男に襲われ、負傷したとみられる。

パタヤ市警察は午前2時50分、ノンプルーのソイ13/1付近のパタヤビーチロードで事件の通報を受けた。救急隊員、警察、パタヤニュースがコンビニエンスストア前の現場に到着した。

負傷した女性は、やはり酒に酔っていたとみられるナタワディ・ムアンタウォンさん(20歳)で、顔に負傷した。彼女は近くの病院に搬送された。

報道陣に氏名を明かさなかった目撃者のコラピンさん(22歳)は、顔から大量に出血している負傷した女性が助け​​を求めながらパタヤビーチの方向から走って行くのを見たとパタヤ警察に語った。被害者はインド国籍の男に襲われたと話しているが、襲撃のきっかけや容疑者を知っていたか、以前にも口論があったかなどについては語っていない。

パタヤ市警察はナタワディーさんに対し、回復後警察に正式な報告書を提出するよう指示した。警察は法的措置を講じるため、付近の防犯カメラの映像を調べ、何が起こったのか調べている。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。