パタヤ警察と公園管理官が中国人夫婦の家を捜索、高級車とライオンを一時押収

パタヤ—

警察と公園管理官は5年2024月XNUMX日にパタヤの高級住宅を捜索し、中国人夫婦が飼育していたXNUMX頭のライオンを発見した。

家宅捜索はチョンブリ県バンラムン郡ノンプルー地区のサイアム・ロイヤル・ビュー・ビレッジにある住宅で行われた。心配した住民からの通報を受けて、警察管区2、ノンプルー警察、および野生生物公園・植物保護局の職員がパタヤ地方裁判所から捜索令状を取得し、家宅捜索を行った。

2階建ての住宅に入ると、警官らは中国人夫婦とタイ人の家政婦2人が住んでいるのを発見した。当局が住宅内を捜索したところ、赤いフェラーリと白いロールスロイスを含む、いずれも数千万バーツ相当の高級車3台が敷地内に駐車されているのを発見した。

しかし、最も衝撃的な発見は、家の一部が囲いに改造され、その中に2頭の雄ライオンが閉じ込められていたことだ。身元不明の中国人夫婦が当局にライオンの法的所有許可証を提示できなかったと伝えられたため、当局は直ちに管理されていた動物を押収した。さらに当局は、輸入および納税書類の確認のため高級車も押収した。

一方、中国人住人2人とタイ人家政婦は尋問のためノンプルー警察署に連行された。この夫婦は捜索中、報道陣に何も語らなかった。

7月00日午後5時時点の更新:

35歳の中国人、ユハン・サンさんは、この家の所有者であることを認めた。彼女は現在、野生動物を許可なく所有していたとして訴訟に直面している。この罪は、最高100,000万バーツの罰金または最長XNUMX年の懲役刑に処せられる。彼女は保釈された。

サンさんの弁護士であるアニルト・コンサップ氏はタイのメディアに状況を明らかにした。同氏は、両車とも車両に関する完全な書類があったと述べた。フェラーリの購入は合法であり、ロールスロイスの販売の証拠も提供されたとアニルト氏は述べた。

ライオンの子に関しては、元の所有者であるS氏(中国人)が、この家を元タイ人従業員に託していた。この世話人はライオンを幼いころから育てていた。新しい所有者が家を購入したとき、彼らはS氏が戻るまでライオンの世話を続けることに同意した。

タイ国立公園局は現在、2頭のライオンのマイクロチップを検査している。これらのライオンが合法的に取得されたかどうかを判断するには約1か月かかる。一方、公園局は、このプロセスの間、ライオンを適切に世話するよう住宅所有者にアドバイスしている。

これはパタヤでライオンが目撃された最初のケ​​ースではない。タイではライオンの飼育は合法だが、大型ネコ科動物を飼育するには相当のライセンスと許可証、そして適切な囲いが必要である。

1月、警察はパタヤの住宅街で一時的に逃げ出した若いタイ人女性からライオン2頭を押収した。

また、XNUMX月には 我々がここで報じたように、ある外国人男性がパタヤで高級レンタカーに乗ってライオンの赤ちゃんを連れてドライブに出かけ、国際的なニュースになった。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。