パタヤ警察、外国人がスロットマシンで20,000万バーツの賞金をオンラインで誇示して激怒

パタヤ—

外国人男性が自慢した ギャンブルで20,000万バーツ勝ったとされる パタヤのFacebookグループのオンラインスロットマシンから、パタヤ警察を動揺させた。

3月20,000日、外国人男性がFacebookグループ「パタヤ、タイ」に「スロットマシンで遊んでXNUMX万バーツ勝ててよかった」などとギャンブルサイトで勝ったと自慢する投稿をした。

タイの人気Facebookページ「Drama-addict」は彼の投稿をシェアし、「この男性はタイでスロットをやって20,000万バーツ勝ったと言っています。地元警察はこの件について何と言っているのでしょうか?」とコメントした。

この投稿には、警察に捜査を求めるネットユーザーからのコメントが多数寄せられた。コメントの中には、この男がパタヤ警察署に近いソイ6で演奏していた可能性があるとするものもあったが、これについては確たる証拠がない。

警察は、その地域の多くの地元企業を捜査したと伝えられているが、問題の店舗を見つけることはできなかった。一部のネットユーザーは、この投稿は「冗談」または「からかい」である可能性があり、この男性は実際には現在タイにいないかもしれないと述べている。

しかし、パタヤ警察は、この状況をおかしいとは思っていないと述べ、記事掲載時点では、ネット上に投稿することで有名とされるこの外国人を捜索し、事情聴取を行っている。警察は、この男性に出頭して直接話すよう促した。

タイではギャンブルは厳しく違法であり、政府が後援する国営宝くじを除き、世界でも最も厳しい賭博禁止法が施行されています。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2024年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。