パタヤ市長が300人以上の企業代表を率いてバリハイ桟橋の大掃除を実施

パタヤ—

パタヤ市長のポラマセ・ンガンピチェス氏は、300月3日水曜日にパタヤの企業代表XNUMX名以上からなるチームを率いてバリハイ桟橋で大清掃活動を行った。

このコミュニティ プロジェクトは、パタヤ当局と地元企業の関係を強化することを目的として、午後 9 時に実施されました。また、地元コミュニティ内の結束を促進し、ビジネスマンがビジネス エリアの維持管理に責任を持つように促すことも目的としていました。

さらに、この取り組みは、「パタヤ市へようこそ」というスローガンの下、パタヤが観光客にとって歓迎され、安全で美しい観光地となるよう努める市のキャンペーンの一環でもありました。

代表者たちはグループに分かれてバリハイ桟橋を清掃した。ポラマセ氏は、桟橋はラン島へ旅行する観光客にとって重要な通過点であるため、常に清潔に保つために全員が協力しなければならないと述べた。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。