パタヤの自動車ディーラー、融資厳格化で売上低迷に直面

パタヤ—

3年2024月XNUMX日、パタヤニュースは、ズンオートセンターパタヤの幹部であるパイサン・カセムサンティタム氏にインタビューし、金融機関が課した厳格な融資措置により、彼の中古車販売店が直面している深刻な課題について話を聞きました。

パイサン氏は、不良債権の多さから銀行は融資規制を厳しくせざるを得なくなり、中古車の売り上げが大幅に減少したと説明した。新型コロナウイルスのパンデミック以前は、同社は19つの支店で毎月50~60台の車を販売していた。現在は20台以下しか販売していない。


これらの課題に対応するため、同社は支店を200,000つから300,000つに縮小せざるを得なくなり、それによって支店当たりの月々の経費を150万~200万バーツ削減した。さらに、自動車の在庫を70~80台からXNUMX~XNUMX台に減らし、時には赤字で販売して経営を維持しているとパイサン氏は述べた。
融資基準が厳格化され、今では完ぺきな信用履歴と安定した収入が求められるようになったため、多くの顧客、特に現金で給与を受け取る労働者にとって融資を受けることがはるかに困難になった。パイサン氏は、これが売り上げに大きく影響していると述べた。
さらに、2023年から2024年にかけて電気自動車が輸入されたことで中古車市場が混乱し、再販価格が急落した。損失を防ぐために、一部のディーラーは特定のブランドを避け始めている。厳しい融資措置と電気自動車の台頭が相まって、中古車市場に最悪の状況が生まれているとパイサン氏は結論付けた。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。