パタヤ市役所で100人以上が大麻再犯罪化に反対する請願書に集まる

パタヤ—

11年00月26日午前2024時、地元や海外からの大麻支持者100名以上がパタヤ市庁舎前に集まり、大麻を違法麻薬類のタイプ5に再分類することに反対する請願書に署名した。参加者は市壁に掲示された白いキャンバスに意見を書き込んだ。

抗議活動のビデオは、当社の YouTube チャンネルでご覧いただけます。

この集会は11月25日から100,000日までの公聴会期間に続いて開催され、期間中に約XNUMX万人が参加した。 ソムサック・テープスティーン保健相によれば、参加者の80%以上が大麻を麻薬として再分類することを支持したという。

大麻支持者の一人、ジラワット・タニャピロム氏は、集会の目的は大麻の再分類に反対することだと述べた。同氏はタイ政府に対し、大麻の総合的な利点を認識し、決定を徹底的に見直すよう求めた。

ジラワット氏は、再分類が政府の計画通りに進めば、多くの大麻事業者が大きな損失を被ることになるだろうと強調した。また、大麻が再び違法とされれば、少量の大麻でも長期の懲役刑や罰金を科せられる可能性もある。
この集会には請願書への署名も含まれており、請願書は関係機関に提出され、再検討される予定だ。パタヤ市警察と当局は交通整理を行い、暴力事件もなく集会を円滑に進めた。

関連記事をお読みください:

研究により、大麻はより有害な薬物への依存を減らすのに役立つことがわかったとランシット大学学長が語る。

タイ政府副報道官、大麻を麻薬として再分類することに対して警告、公衆への危害を指摘。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。