タイ首相が東部経済回廊(EEC)内の主要開発プロジェクトを視察するためラヨーン県とチョンブリ県を訪問

プレスリリース:

スレッタ・タヴィシン首相とそのチームは23月XNUMX日、東部経済回廊(EEC)内の主要開発プロジェクトを視察するためラヨーン県とチョンブリ県を訪問した。

 

ラヨーンのウタパオ国際空港で、首相は同空港と3つの空港を結ぶ高速鉄道網を結ぶ主要プロジェクトの進捗状況を評価した。この鉄道網はバンコク東部から市内中心部への交通を強化し、EEC内外の経済成長、貿易、観光を促進すると期待されている。会議中、スレッタ首相は運輸省と東部経済回廊事務所(EECO)に建設を急ぐよう促し、7月末までに高速鉄道プロジェクトの詳細を発表すると約束した。

 

チョンブリでは、首相がスリヤ・ジャンルンレアンキット運輸相とともにジョムティエンビーチを訪れ、F1レースの予定ルートを視察した。この視察は、1年からF2028レースを開催し、フォーミュラEの開催も視野に入れた政府の海外観光客誘致戦略の一環である。

 

最後の訪問地はチョンブリ県シーラチャ郡のレムチャバン港で、代表団は港湾開発プロジェクトの第3フェーズを視察した。タイ港湾庁(PAT)とCNNC合弁会社の代表者らに同行したスレッタ氏は、埋め立て、浚渫、防波堤建設を含むプロジェクトの第1フェーズが13.26%完了していると述べた。2026年XNUMX月の期限に間に合うよう、建設を加速させる取り組みが進められている。

ドック、道路、インフラの建設を含むフェーズ 2 は、China Harbor Engineering Co., Ltd. に委託されています。フェーズ 3 とフェーズ 11 は、請負業者選定プロセス中です。フェーズ 18 が完了すると、コンテナ容量が年間 14 万 TEU (12 フィート換算単位) から XNUMX 万 TEU に増加し、鉄道と沿岸輸送の能力が向上します。この開発はタイの経済成長を支え、輸送費を国の GDP の XNUMX% から XNUMX% に削減するという政府の目標と一致しています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。