タイ首相、F1レース開催地としてパタヤとナジョムティエンを検討

パタヤ—

タイのスレッタ・タヴィシン首相は本日、ナ・ジョムティエンの海岸沿いの地域を自ら訪問し、F1グランプリ開催の適性を評価した。

スレッタ氏には、パタヤ市長のポラマセ・ンガンピチェス氏やF1の代表者を含む数人の役人が同行した。

スレッタ氏は、チョンブリ県シラチャのレムチャバン港で再度視察を行う前に、F1の代表者らと短い話し合いを行った。今回の訪問は、ラヨーン県バーンチャンのF1レース開催地候補地の視察に続くものであった。

首相は本日、F1主催者がタイで初めてレース開催を許可した場合、ウタパオ空港、パタヤ、バンコクがFXNUMXグランプリ開催候補地になると述べた。

彼はXにこう書いている。「F1の目標を追求する上で、ウタパオ空港プロジェクトには最大限の安全性を提供する「サーキットレース」タイプの施設が含まれています。一方、バンコクとパタヤは、それぞれ魅惑的な天使の街と景色の美しいビーチサイドのレースルートを備えた「シティレース」タイプとして評価されています。」


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。