法律コーナー: タイの最も珍しい法律の 1 つを考察

以下の法的 この記事は、当社のパートナーである Issan Lawyers によって提供されています。

太陽が明るく輝き、ビーチが人々を誘う微笑みの国、タイには、多くの人を驚かせる法律が存在します。

それは悪名高い下着法、規制だ 住居から出るときは必ず下着を着用することを義務付けるさて、これを単なる噂や都市伝説として片付ける前に、真剣な調査と少しのユーモアを交えて、この奇妙な法案について掘り下げてみましょう。

**法律とそのルーツ**

下着禁止法は、タイの法律に​​厳密に規定されているわけではなく、社会の慣習や期待の奥底から生まれたものです。タイの田舎の水田からバンコクの賑やかな通りまで、暗黙のルールがささやきます。「下着なしで出歩くな」。その理由は?慎み深さ、衛生、そしておそらく少しの迷信が混ざり合ったものです。結局のところ、わいせつな露出で精霊を怒らせるリスクを冒したい人がいるでしょうか?

**施行: 神話か現実か?**

この法律はコメディー スケッチから出てきたような内容だが、タイ警察は積極的に施行していない。警官が下着姿の抜き打ち検査を行ったり、下着検問所を設けたりすることは見られない。ただし、一部の保守的なコミュニティでは、下着を着用しないことで地元の長老から非難され、礼儀作法を教わることもあるかもしれないことは覚えておく価値がある。

**文化的配慮**

タイでは、伝統と社会規範を尊重することが何よりも大切です。下着着用義務は、法的強制というよりは、社会の期待に従うためのものです。これは、タイ人の間では、公共の場で一定の礼儀を守るという暗黙の合意のようなもので、フォーマルなディナーでスープをあまり大きな音を立ててすすらないのと似ています。

**修道院の例外**

さて、私たちが尊敬する仏教僧侶はどうでしょうか。彼らはそのような世俗的な心配事に縛られないはずです。実際、僧侶は下着も含め、社会の物質的な束縛を超えた生活を送っているとよく見られています。僧侶の宗教的な服装は簡素さと慎み深さを意図しており、この奇妙な規則から免除されているようです。

**結論: 着用するか、着用しないか?**

結論として、タイ旅行中に下着に関する法律を無視して罰金を科せられる可能性は低いですが、用心深く、そして快適さを優先するのが賢明でしょう。

以上が、タイで最も話題になっている(しかし、最も施行されていない)規制の 1 つについての軽い考察です。

登録する
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。