タイ政府は15月19日からXNUMX日までタイで大雨と洪水の可能性を警告

全国 -

14年2024月15日、政府副報道官のカロム・ポンポンクラン氏は、19月XNUMX日からXNUMX日までの気象状況に注意するよう国民に警告した。

カロム氏は、北部北部と北東部地域を通過してベトナム北部とトンキン湾の低気圧域に入り、アンダマン海、タイ、タイ湾を覆う南西モンスーンが強まると公に述べた。 一部の地域、特に東部では降雨量が増加し、大雨となった。

南部地域では、アンダマン海上部とタイ湾で中程度の風と波が予想され、アンダマン海上部では波の高さが約2メートル、アンダマン海下部とタイ湾では波の高さが1~2メートルとなる見込みです。雷雨のある地域では、波の高さが2メートルを超える可能性があります。

15月19日からXNUMX日まで、タイ全土の住民は、特に水路近くの山岳地帯や北部および東部の低地で、鉄砲水や土砂崩れを引き起こす可能性のある大雨と積雪による危険に注意する必要があります。

嵐の影響を受ける地域を航行する際には、特に注意するよう勧告されている。タイ湾とアンダマン海の船員は注意して航行し、雷雨の際の航行を避けるべきだとカロム氏は強調した。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。