パタヤの住宅火災、住民2人負傷

パタヤ—

昨日早朝、パタヤの住宅で火災が発生し、2人が負傷した。

火災は4年16月10日午前2024時16分頃、チョンブリー県バンラムン地区ノンプルー副地区ソイ・ポンプラパニミットXNUMXにある住宅で発生した。以前は占いの神社として使われていた家を、古道具店に改装しました。

ノンプルーの消防士が家に到着すると、家が炎に包まれているのを発見した。放水ホースを使って消火活動を行ったが、消火には約30分かかった。

報道によると、この火災でサムリットさん(57)が両手に火傷を負い、ポルンプラファさん(58)が右足に火傷を負い、2人が負傷した。二人とも治療のため近くの病院に搬送された。

家の所有者サムリットさんはパタヤニュースに対し、扇風機が止まっていたため目が覚めたとき、妻と一緒に家の中で眠っていたと語った。その後、寝室のドアの下から火の光が差し込んでいるのを見て、すぐに妻を起こしました。幸いなことに、サムリットさんと妻はその際に軽傷を負ったものの、無事に家から脱出することができた。

火災の原因は、報道時点でまだ調査中です。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。