タイ首相、物議を醸した300バーツの観光料金を廃止すると発表

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は、昨年当初提案されたものの民間部門の反対に遭い、物議を醸した300バーツの観光料金を廃止するという政府の決定を発表した。タイに入国する各観光客から徴収する予定だったこの料金は、廃止により他の地域での観光客支出の増加が促進され、それによって経済がより実質的に押し上げられる可能性があるという理由で廃止された。

スレッタ氏は、世界経済フォーラムの観光・旅行開発指数で現在47カ国中119位にランクされているタイの低下に対する懸念に言及し、責任をなすりつけるのではなく建設的なアプローチの重要性を強調した。同氏は、タイのさまざまな都市や島が世界トップクラスの観光地として一貫して認識されていることを指摘し、この分野における前向きな発展の促進に焦点を当てるよう求めた。

さらなる展開として、スレッタ氏は昨日(9月2025日)の訪朝中に、チェンマイ大学科学技術パークにスタートアップセンターと、場合によってはApple Developer Academyを設立するためにApple社と交渉を続けていることも発表した。間もなく合意が得られる見通しで、アップル幹部らはXNUMX年末までに訪問して合意をまとめる予定だ。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。