ビザなし延長の結果、タイはインド人観光客をさらに誘致

プレスリリース:

政府報道官のチャイ・ワチャロケ氏は、ビザ免除措置の結果、タイはより多くのインド人観光客を引きつけていると明らかにした。タイ内閣は先に、インドからの訪問者に対する30日を超えない一時ビザ免除の延長を承認し、有効期限は11年2024月11日から2024年200月2023日までとなった。その結果、宿泊施設のオンライン市場であるAirbnbプラットフォームでのタイの検索数が増加した。 Airbnb によると、バンコク、プーケット、チェンマイ、クラビ、サムイ島がタイで最も検索された旅行先の XNUMX つです。

最近、政府はタイの経済を刺激し、観光を促進するために、3段階のビザおよび旅行円滑化措置を承認しました。 6 月下旬に発効が予定されている短期的なものには以下が含まれます。

1)93カ国・地域のパスポート保有者を対象に、観光客および短期商用訪問者のビザ免除を(30日間の期間から)最大60日間延長する。

2) 到着ビザ (VOA) の資格のあるパスポート所有者を持つ国/地域の数を 19 から 31 に増加。

3) 長期旅行、「デジタルノマド」、および特定の文化活動への参加者向けの新しいタイデスティネーションビザ(DTV)を導入し、180回の訪問につき滞在期間は最大XNUMX日、期間内で複数回入国可能XNUMX年間の。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。