タイ・中国IPSCハンドガン選手権がパタヤで開催

パタヤ—

レベル3実技射撃の国際大会「タイ・中国IPSCハンドガン選手権」が7月9日からXNUMX日までパタヤのタイスポーツ庁東部地域トレーニングセンターで開催される。

この大会には中国、米国、オーストラリア、カンボジア、フィリピン、香港を含む5カ国から400人以上の選手が参加する。 400名のタイ選手も出場する。

この大会は、8月下旬にインドネシアのバリ島で開催されるオースタラシア選手権に出場するタイ代表チームの最終予選となる。

大会主催者のワット・スリチンターンクン氏は、参加者数が目標の400名を超えてうれしく思っていると語った。同氏は、試合前のテストと実際の大会の18日前に行われるXNUMXつの用具検査を含むXNUMXのステージがあることを明らかにした。

ワット氏は、このイベントがパタヤに約12万~14万バーツの経済価値をもたらし、タイの選手がメダルの半分を獲得することを期待していると予想した。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

一般的なニュースのヒント、プレスリリース、質問、コメントなどがありますか? SEOの提案には関心がありません。 にメールしてください Tips@ThePattayanews.com

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。