チェンマイ動物園から逃げたアカカンガルー、フアイチャンキアン滝付近で死体で発見される

チェンマイ—

29年2024月XNUMX日、チェンマイの地元メディアは、アカカンガルーがチェンマイ動物園から逃げ出し、チェンマイのドイ・ステープ・プイ国立公園道路で運転手に発見されたと報じた。

7月50日午前29時XNUMX分に撮影された動画が拡散し、カンガルーの安全性と野良犬による潜在的な脅威についてネチズンの間で懸念が高まった。アカカンガルーは生後2歳6カ月のメスだったという。

30月40日の早朝、チェンマイ動物園とドイ・ステープ・プイ国立公園の職員XNUMX人以上が、半径XNUMXキロ以内で逃げ出したカンガルーを見つけるためにXNUMX日目も徒歩で捜索を続けた。ドイステープの森の奥深くでは、糞尿や足跡などのカンガルーの痕跡が発見されていたが、カンガルーは野放しのままだった。

残念なことに、午後 2 時 30 分、チェンマイ動物園から 1.8 キロ離れたフアイ チャン キアン滝の下のエリアで、チェンマイの警察官がアカカンガルーが死んでいるのを発見しました。

当初、警官らはカンガルーが誤って滝に落ち、よじ登れなくなった可能性があると結論づけていた。国立公園職員らによると、他の動物に噛まれたりひっかかれたりした痕跡は見つからなかったという。

そのため、獣医師は正確な死因を特定するためにアカカンガルーの解剖を行う予定だ。 TPNによれば、カンガルーがどのようにして動物園から逃げたかについてはこれ以上の情報はないという。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。