タイ財務省、1,500バーツ未満の輸入品に対するVAT改正を提案

全国-

30年2024月1,500日、財務副大臣のチュラファン・アモルンビヴァト氏は、XNUMXバーツ未満の輸入品に対する付加価値税(VAT)徴収に関する法律を改正する財務省の提案を発表しました。

チュラファン副大臣は、ピチャイ・チュンハバジラ財務大臣によって承認されたこの法案は、タイの官民部門の輸入業者、国際製造業者、中小企業にとってより公平な制度を創設することを目的としていると述べた。

この提案は来週、検討のために内閣に提出される予定です。
当初、関税局は、価値が1,500バーツを超える商品に対する現在のプロセスと同様に、価値が1,500バーツ未満の輸入商品に対してVATを徴収し、その収入を歳入局に移管する責任を負います。

さらに、財務省は歳入法の改正を検討し、VATの直接徴収と歳入局への送金を促進するためにオンラインプラットフォーム運営者との協議に取り組む予定だ。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。