タイ全土に大雨警報発令

プレスリリース:

タイ気象局(TMD)は、20月26日からXNUMX日にかけてタイ各地で大雨が降ると予想され、警報を発令した。

TMDのコーンラウィー・シチチヴァパック局長によると、差し迫った天候はタイ全土で南西風が強まるためであるとのこと。来週初めから、これらの風はアンダマン海、タイ湾、およびいくつかの州に影響を与えるでしょう。

タイ北部西部、中平原、南部地域の住民は、予測される大雨によって生じる可能性のある鉄砲水や流出の可能性に備えるよう呼び掛けられている。この勧告は、予想される厳しい気象条件の影響を軽減するために、これらの地域での備えの重要性を強調しています。

TMDはまた、火曜から日曜にかけてアンダマン海の波高が2~3メートルに達すると予想されており、海況が荒れていることについても船員に警告している。当局はこの期間中、アンダマン海上部でのボート遊びを控えるよう勧告し、タイ湾とアンダマン海下部の海域を航行する人々に一層の警戒を呼び掛けた。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。