中国人女性、パタヤ邸宅のプールで無残にも溺死

パタヤ—

68月14日火曜日、パタヤ近郊の村にある自宅のプールでXNUMX歳の中国人女性が悲しいことに溺死した。

ポール。ノンプルー警察署の副捜査官シリヤポーン・コンペサック警部補は事件の通報を受け、チョンブリー県バンラムン地区のマップラチャン貯水池近くの村の住宅の現場に救助隊員チームを派遣した。

到着した当局は、被害者である68歳の中国人、張偉静さんの遺体がプールにうつぶせで浮かんでいるのを発見した。彼女は水中から引き上げられ、その場で死亡が確認された。警察官が敷地内を調べたところ、争奪や不正行為の痕跡は見つからなかった。

近所のユファ・ジャンケオさんによると、身元不明の被害者の娘が午後7時半に帰宅したところ、母親の遺体がプールに浮かんでいるのを発見したという。娘は先に用事を済ませるために家を出ており、母親は一人になっていた。

警察官は現場の写真を撮影し、死因を特定するために遺体を解剖に送った。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。