エストニアの4歳男児、パタヤでピックアップトラックにひかれ死亡

パタヤ—

4年13月2024日夜、パタヤの村でエストニア人のXNUMX歳男児がピックアップトラックにはねられ死亡した。

この悲劇的な事故は、問題の日の午後5時に、チョンブリー県バンラムン地区ノンプルー地区ソイ・ブンサンファンのスクシリ村内で発生した。サワン・ボリボン・タンマサターン州の救助隊員が通報を受けて現場に急行すると、道路に横たわる被害者であるエストニア人4歳男児の遺体の周囲を住民のグループが取り囲んでいるのを発見した。

少年は頭部に重傷を負い、大量出血していた。救急隊員と医療従事者は彼を蘇生させるために心肺蘇生を試みたが、残念ながら彼は傷がもとで死亡した。

少年は兄に会うために道路を渡って走っていたところ、ピックアップトラックにはねられたという。トラックの運転手、ソラヤ・サマンフォンさん(45)は、事故に明らかに動揺しながら現場で待機し、ノンプルー警察に対し、事故が起きたとき道路を徐行運転していたと語った。

彼女は、少年が道路を横断しているのを見なかったので、犬にぶつかったのだと信じたと述べた。しかし、停止して確認したところ、ソラヤさんは少年を発見してショックを受け、すぐに助けを求め、救助チームに協力した。

付近の監視映像が事故の様子を捉えていた。ビデオには、少女と少年が通りを横切って走っている様子が映っていた。少女は無事に渡ったが、少年は車にはねられた。

ノンプルー警察は現場を調査し、監視カメラの映像を確認し、事故の正確な原因を特定するためにソラヤさんをさらなる尋問のために連行した。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。