イスラエル人観光客、サッタヒープでバイクタクシー運転手に置き去りにされ強盗される

サタヒープ —

81歳のイスラエル人観光客は、13月XNUMX日にチョンブリー県サッタヒープでバイクタクシーの運転手に置き去りにされ、携帯電話を盗まれたと主張した。

事件は午後6時頃に発生した。被害者はイスラエル国籍のアルバート・マーレフさん(00)で、サッタヒープ地区のスクンビット通り沿いの店舗に一人で座っているのが発見された。

地元報道によると、アルバート氏は観光のためパタヤからサッタヒープに旅行していたという。彼はパタヤのソイ・ブアカオからバイクタクシーを雇い、運転手は彼をサッタヒープのスクンビット通りの交差点まで連れて行ってくれた。そこで運転手はアルバートさんを置き去りにし、携帯電話を盗んだとされている。

アルバートさんは言葉の壁のため、近くにいる他の人々と意思疎通ができず、路面店に座って助けを待っていた。その後、身元不明の懸念した住民がサッタヒープ警察署に連絡し、パタヤとサッタヒープの観光警察職員が現場に出動した。その後、彼らはさらなる尋問のためにアルバート氏を警察署に連行した。

ポール。サッタヒープ警察署の副警部アピシット・プンヤム警部補は、アルバート氏は当初、言語の制限により多くの情報を提供できなかったと述べた。当局は同氏からさらに詳しい情報を収集するため、通訳を探している。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

法律相談や弁護士が必要ですか? お手伝いします。 ここをクリック。

ここをクリックして、私たちに物件を掲載する方法の詳細をご覧ください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。