パタヤ貯水池でプラスチック樽に入った行方不明の韓国人男性の遺体を警察が発見

パタヤ—

タイ警察は、誘拐と身代金事件の捜査の結果、パタヤの貯水池でセメントが満たされたプラスチック樽の中から行方不明の韓国人男性の遺体を発見した。

このストーリーのビデオレポートはここでご覧いただけます。

タイ警察によって被害者はウィ・ジョン・ロ氏(34歳)と特定され、母親が誘拐犯から7万バーツの身代金要求を受けた後、3月8日から行方不明になっていた。誘拐犯らは、XNUMX月XNUMX日までに身代金が支払われなければ、盧大統領の臓器を殺害、切断し、闇市場で売ると脅した。

タイ警察は捜査を開始し、被害者のタイ人妻(安全のため名前は伏せられている)を尋問したところ、妻が2月3日にバンコクのRCA地区のパブで盧氏と最後に会ったことが判明した。 2月XNUMX日に監視カメラの映像を確認した警察は、午前XNUMX時ごろ、韓国人男性XNUMX人が盧氏を声をかけ、強引に車に連れ込んでいるのを発見した。問題の車はレンタカーだったことが判明した。その後、彼らはパタヤに向かい、新しいレンタカー、ピックアップトラックに乗り換え、マプラチャン貯水池近くの宿泊施設を借りました。

5月4日午後9時ごろ、荷台を黒いシートで覆ったピックアップトラックが宿泊施設から出発する様子が監視カメラの映像に映っていた。タイ警察は、容疑者らが以前に地元の店でプラスチック製の樽を購入していたことを発見した。その後、トラックはマプラチャン貯水池に到着し、樽に詰められた盧氏の遺体が水中に遺棄された。

被害者の遺体は11月31日にパタヤ警察によって発見された。その後、当局は地元の店主、ニタヤ・ジャンプルンさん(3)を尋問し、XNUMX月XNUMX日に外国人がXNUMXドアの白いピックアップトラックで店にやって来て、大きなプラスチックの樽とナイロンXNUMXロールを購入したことを明らかにした。ロープとはさみ。

男は何の疑いも見せなかった。監視カメラは彼の姿をはっきりと記録することができた。

盧大統領の正確な死因を解明するために解剖が行われている。警察は捜査を行っているが、まだ逮捕には至っていない。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。