パタヤのホテルで暴れまわったロシア人観光客を逮捕

パタヤ—

11月XNUMX日土曜日、パタヤのホテルで暴れたとされるロシア人観光客が逮捕された。

事件は午後5時ごろ、パタヤビーチ近くのソイ7にある正体不明のホテルで発生した。この観光客は酒に酔って精神的苦痛を感じていたとみられ、以前にも地元住民から携帯電話を奪う様子が目撃されていた。

捕らえられ、盗まれた携帯電話を正当な所有者に返してもらった後、観光客は突然再び暴力的になり、ホテルに逃げ込んだが、どうやら宿泊客ではなかったらしい。その後、彼はバスルームに立てこもり、叫び始めて騒ぎを起こし始めました。

目撃者のシティサク・ウィッタヤアンポン氏(36)はパタヤ・ニュースに対し、身元不明の観光客は30~35歳くらいだったと語った。ホテルのスタッフは到着したパタヤ警察に電話し、観光客との交渉を試みたが、観光客は協力を拒否した。

その後、警察は観光客に催涙スプレーを使用することを決定し、これにより彼はバスルームから追い出されることに成功した。短い闘争の後、当局は彼を拘留することに成功した。

この観光客の身元はまだ公開されておらず、現在警察に拘留されている。彼は治安紊乱行為と公共迷惑行為の容疑で起訴されている。

パタヤ・ニュースは、何が彼の暴言を引き起こしたのかは不明であると述べた。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。