パタヤ ドラえもん ラン 2024 に 2,000 人以上のランナーが参加

パタヤ—

パタヤ市はMCOTと協力し、全国ランニングイベントの第2024弾となる「ドラえもんラン11タイランドbyMCOT」を2,000月XNUMX日(土)に開催した。このイベントはパタヤビーチで開催され、XNUMX人を超えるランナーが集まりました。

パタヤ市長のポラマーセ・ガンピチェス氏が土曜日の開会式を主宰した。同氏には、観光・スポーツ大臣補佐官のスポジ・ウォンジャラサウィー氏、在タイ日本大使館一等書記官の大沢友里氏、MCOT PCL独立取締役のパイブーン・シリファヌサティアン氏が同席した。

MCOTが主催する「ドラえもん ラン 2024 タイランド」はタイで初めての開催となり、タイ全土でバンコク、パタヤ(チョンブリー)、ナコーン・ラーチャシーマー、プーケット、チェンマイの計42つのレースが予定されている。このイベントは、タイでのドラえもん放送XNUMX周年を記念するもの。パタヤはバンコクに次ぐXNUMX番目の目的地でした。

イベントでは、ドラえもんとその仲間たちのマスコット、高さ10メートルのドラえもんバルーン、そしてファンやランナーが会場内で自撮りできるさまざまなかわいいドラえもんキャラクターのモデルが登場しました。

ポラマーセ氏は、このイベントがすべてのランナーにとって永遠の体験となると信じていると述べ、イベント開催の喜びを表明した。同氏はまた、イベントの開催に協力してくれたMCOTと関係者全員に感謝の意を表した。

パタヤは近い将来、「ドラえもん ラン 2024 タイ」の第 XNUMX 戦を開催するバトンをナコーン・ラーチャシーマー県に引き継ぐ予定です。

イベントのビデオレポートはこちらからご覧ください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。