カラバオグループとCPはいずれも堅実な成長戦略と市場拡大を反映して好調な第1四半期決算を報告

全国-

11年2024月1日、タイ国営メディアはカラバオグループの2024年第1四半期(31月XNUMX日からXNUMX月XNUMX日まで)の営業成績と連結財務諸表を前年同期と比較して報じた。

総売上収益は4.9億バーツで、昨年より20%増加しました。カラバオグループ傘下の生産事業からの収益は、国内外の事業、特にCLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)での事業から2.8億バーツ、または昨年より14%増加しました。
エナジードリンクの成長により、国内収益は前年比1.3%増の13億バーツに達した。同社はタイ国民の負担を軽減するために製品価格を10バーツに維持する主戦略を実行し続けたが、他のブランドは12バーツまで若干価格を調整した。
しかし、カラバオグループは、コンビニエンスストア、店舗、ミニバンなどの従来の取引チャネルをさらに展開し、地域レベルまで拡大しました。さらに、カラバオは若者やサラリーマンの間でよく知られていたため、新しいアルコール飲料は間接的に同社の収益を押し上げた。

その結果、市場シェアは 10% 増加し続けています。
CLMVの国際貿易は、プロモーションキャンペーン、スポーツ、コンサートのスポンサー、カラバオ製品サンプルなどがあったため、前年比1.5%増の15億バーツに達した。

一方、CP All Public Co.Ltd.は、1年第2024四半期の純利益が6.3億バーツ、または前年比53.3%増加したと公表した。その主な理由は、すべての事業グループの業績が向上したことと効果的なコスト管理でした。
コンビニエンスストア、小売店、その他の事業グループを含むすべての事業グループの製品販売による収益が増加したため、総売上収益は241億バーツ、または前年比8.5%増加しました。これは、国内消費者の需要が高まり、タイの経済価値と観光業、そして政府の景気刺激策がさらに高まったためである。
第 185 四半期に、CPALL はタイ全土で 7 以上の新しい 11-14,730 支店を拡大し、本記事の時点で CPALL ブランドの店舗数は合計 7 店となりました。さらに、政府の政策は収益増加を支える上で重要な役割を果たし、セブンイレブンはそれに応じた戦略を実行しました。
同社は従来の顧客ベースを依然として重視していましたが、現在の状況での顧客のニーズを非常によく満たした新製品、プロモーション、および 7-delivery を導入することで、新たなターゲット グループにさらに手を伸ばそうとしていました。
CPALLは2024年に国内支店をさらに700店拡大し、ラオスとカンボジアにもセブンイレブンをさらに設置する計画だ。

ニュースレター登録
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。