ランパーンで大型バスの死亡事故:木に衝突し運転手が死亡、中国人観光客が負傷

ランパーン—

11年20月7日午後2024時33分、ランパーン県トーエンのパホンヨーティン通りで中国人観光客XNUMX人を乗せたバスが街路樹に衝突するという死亡事故の報告をトーエン警察が受け取った。

トーエン警察と救急隊が事故現場に出動し、街路樹に衝突し重篤な状態のバスを発見した。トーエン警察によると、バスの運転手はチャトゥラパットさん(31歳)とのみ公表されているが、死亡しているのが発見された。

さらに、中国人乗客2名が重傷を負い、他の乗客31名が軽傷を負った。

トーエン救急サービスチームは応急処置を行った後、負傷者をトーエン病院とソッププラップ病院に搬送し、緊急治療を受けました。怪我のなかった乗客はトーエン警察署に連行され、別のバスが迎えに来てバンコクに向かうのを待った。

初期調査によると、バスはチェンマイのファンからバンコクに向かう中国人観光客を乗せていた。警察は運転手が疲労と居眠りをしていたためにコントロールを失い、街路樹に衝突した可能性があるとみている。また、事故現場の道路は事前に雨が降っていたため滑りやすかった可能性があります。

しかし、警察は事故の正確な原因を特定するためにさらに調査する予定です。

ニュースレター登録
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。