パタヤの警備員が過度の飲酒で暴走

パタヤ—

パタヤで泥酔した警備員が住民を脅し、警察を襲撃しようとしたため警察に取り押さえられた。

この事件は9月06日火曜日午後7時4分にパタヤ警察に報告されました。警官らはパタヤのソイ・カオ・タローにあるエクモンコル4村の事件現場にすぐに到着し、正体不明の警備員が逆上した状態に遭遇した。

驚いたことに、30代半ばから40代前半の男性警備員は、実際に村で働いていた。目撃者の証言によると、彼は上半身裸で叫び、通行人に悪態をつき、物を投げつけ、さらには警察官を攻撃しようとしたこともあったという。

結局、警官らは増援を要請する必要があり、誰も負傷することなく男性を制圧した。

近くで夕食をとっていた住民のプラサートさんによると、警備員は普段は勤勉で礼儀正しい人で、口論には一度も巻き込まれたことがなかったという。しかし、彼は警備員がアルコールを飲みすぎたのではないかと疑っており、それが暴行の引き金となったようだ。仕事中に飲酒していたかどうかは不明。

警察は現在この事件を捜査している。彼らはまた、彼の行為に対する潜在的な告発も検討している。この行為により同氏が警備員としての職を解任されるかどうかは不明である。


-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2024年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。