チョンブリー知事、ラン島の地元住民に100,000万リットルの水を寄付

パタヤ—

チョンブリー県のタワッチャイ・スリトーン知事は、パタヤ市職員および関連機関とともに、7月100,000日にラン島を訪問し、タイの現在の乾季の影響を受けている住民に無料の水をXNUMX万リットル配布した。

タワッチャイ氏によると、この寛大な寄付により、島の 50 世帯以上が即座に救援されました。各世帯には日常生活のために約 2,000 リットルのきれいな水が供給されました。

配信に先立って、 ラン島の住民は深刻な水不足に直面していると報告されている。彼らは、需要の多い時期に水の価格が 300 バーツから 1,200 バーツ以上へと XNUMX 倍近く上昇したと不満を述べました。

チョンブリー知事によると、パタヤ市は近い将来、地元住民にさらに150,000万リットルの水を提供する一方、市はこの問題の長期的な解決策を見つけることに取り組んでいるとのこと。

パタヤ 7月XNUMX日には数カ月ぶりにまとまった雨が降ったが、進行中の水不足と干ばつを完全に解消するにはさらに多くの雨が降る必要がある。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。