干ばつの危機の中、パタニのイスラム教徒500人が屋外で祈り、雨乞いに集まる

パッターニ—

8年00月3日午前2024時、パタニの地元メディアは、何ヶ月も干ばつが続いていたパタニ地域で、500人以上のイスラム教徒が神に雨を祈る屋外の祈りに参加したと報じた。

パタニの地元メディアによると、地元住民は深刻な水不足の問題に直面しており、この地域の灼熱の天候は農業と家畜に大きな影響を与えた。パタニ県イスラム委員会委員長のワドゥエラマエ・マミンジ氏が炎天下で祈りを先導した。

さらに、その祈りは、彼らが苦難や干ばつに直面する原因となったと信じている彼らの非行に対する神からの許しを求めるものでした。地元パタニ紙の報道によると、雨乞いは特別な状況下で行われると考えられていたため、彼らの中にはこれまで人生で一度も雨乞いをしたことがない人もいたという。s.

パタニの最新の干ばつの状況は、状況を注意深く監視する任務を負った地元の関連機関によって視察されました。

個人用水や消費用の水は十分にあると伝えられているが、雨不足によりここ数カ月間で水源が徐々に減少しており、水不足は主に農業用と畜産用であった。

パタニ当局は現在、干ばつの状況に応じて対処するため、影響を受けた地域を徹底的に調査および検査している。

ニュースレター登録
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。