パタヤ市長がラン島の水不足に取り組む

パタヤ—

パタヤ市長のポラメーゼ・ガンピチェス氏は、チョンブリー県知事のタワッチャイ・スリトーン氏と協力して、ラン島の水事情に取り組んでいます。

両氏は2月XNUMX日木曜日、島の主要な水道会社イースト・ウォーター・カンパニーと会談し、当面の解決策と長期的な解決策について話し合った。

長期的な問題に対処するには 水不足の問題、当局はイーストウォーター会社に島の水生産能力を増やすよう指示した。同社は来年初めまでに一日当たりの水生産量を現在の300立方メートルから3000立方メートルに増やすことで合意した。この増加は、島の住民と観光客の両方の増大する水需要を満たすことが期待されています。

その間、当局は長期的な解決策が効果を発揮するまで、被災地域により多くの水を配布するよう取り組んでいる。
-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

ニュースレター登録
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。