チェンマイ、山火事危機の中で深刻な大気汚染と闘う

プレスリリース:

チェンマイ県では山火事が続いているため大気の質が悪化しており、地元当局は県全域でホットスポットが驚くほど増加していると報告している。

野焼き活動を減らす努力にもかかわらず、山火事・汚染管理指令センターは昨日(52月29日)、地理情報宇宙技術庁(GISTDA)が日曜(166月28日)に特定したXNUMXか所に加え、新たにXNUMXか所のホットスポットを確認した。

同州の大気質監視ステーションは、超微小粒子状物質(PM2.5)の臨界レベルを記録しており、53.3つのステーションの測定値は空気102.7立方メートル当たり24マイクログラム(μg/m37.5)から161μg/m2.5の範囲であり、すべてが超微小粒子状物質(PM74.1)を超えている。安全な 10 時間暴露閾値は XNUMX μg/mXNUMX です。その結果、チェンマイの大気質指数はXNUMXに急上昇し、昨日午前XNUMX時の時点でPMXNUMXレベルはXNUMXμg/mXNUMXと測定され、チェンマイは世界でXNUMX番目に汚染の多い都市にランク付けされた。 IQAir.com。

チェンマイ知事のニラット・フォンシットサウォン氏は、持続する劣悪な大気質が重大な健康問題を引き起こし、地域の観光産業に悪影響を及ぼしていると指摘し、すべての関連機関に大気汚染対策への取り組みを強化するよう促した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。