公開書簡: タイの大麻の岐路を乗り越える: 世界的なイノベーションハブに向けた現実的な道

以下は、カール・K・リン(カール・K・リン)政策・事業開発担当エグゼクティブバイスプレジデントの論説です。 アメリカカンナビノイド医学ジャーナル。彼の意見と発言は完全に彼自身のものです。

親愛なるスレッタ・タビシン首相、アヌティン・チャーンヴィラクル副首相、ソムサック・テプスーティン公衆衛生大臣、チョルナン・スリケーオ前公衆衛生大臣、そして尊敬するタイ国会議員の皆様。

の代表として アメリカ内因性カンナビノイド医学ジャーナル, 私は本日、タイが責任ある大麻規制において世界のリーダーとなる可能性について、新たな楽観的な見方を持ってこの手紙を書いています。

ソムサック・テプスーチン氏が公衆衛生大臣に任命された最近の内閣改造は、現在の政治的行き詰まりを乗り越え、公衆衛生、経済的利益、患者の福祉を優先する現実的なアプローチを採用する重要な機会をもたらしています。

チョルナン・スリケオ公衆衛生大臣の後任に元法務大臣ソムサック・テプスーチン氏が就任したことは、大麻をめぐる政治的・社会的深刻な分断に対処する解決策を見つけることが急務であることを浮き彫りにしている。

膠着した議論と妥協の必要性

大麻草案、特にレクリエーション使用の禁止案を巡る行き詰まりは、今後の進め方についての合意の欠如を浮き彫りにしている。

大麻を麻薬として再分類することを主張する首相の公式声明と、それに続くアヌティン・チャーンヴィラクル副首相の迅速な反対は、この問題に関する深い政治的亀裂を浮き彫りにしている。

このオール・オア・ナッシングのアプローチは、無視できる規制か再犯罪化のどちらかに重点を置いており、より微妙な規制の枠組みがもたらす潜在的な利点を見落とす危険があります。

チョルナン・スリケオ博士が公衆衛生大臣在任中に明らかに妥協点を見つけようとしたことは、大麻推進派と反大麻派の両方からの計り知れない圧力を示唆している。

そして、歴史的に大麻に断固として反対してきたタクシン・チナワット元首相の影響により、このすでに複雑な状況はさらに複雑になっている。

新しい保健大臣と今後の道のり

新しい保健大臣として、ソムサック・テプスーチン氏は、利害が対立する地雷原を進んでいる自分に気づいた。非犯罪化に対する同氏のこれまでの支持は心強いものだが、大麻の医学的側面についての深い知識の欠如が障害となる可能性がある。

二元制の限界: 「何でもあり」または再犯罪化を超えて

大麻法をめぐる現在の議論、特に娯楽目的での使用の禁止案は、オール・オア・ナッシングのアプローチの限界を例証している。

再犯罪化は、大麻の治療可能性に関する増え続ける証拠を無視するだけでなく、成長する規制されていない市場に対処できず、市場をさらに地下に押しやる可能性がある。

「両方/そして」の力: 2 層構造の拡張的な医療大麻ソリューション

タイには、より微妙な道を切り開くユニークな機会があります。つまり、 拡大する医療大麻 提案 最近概要を説明しました。この枠組みは、既存の需要の現実を認識しながら、規制された医療大麻市場を優先します。提案の核心は次のとおりです。

  • 2 層のアクセス システム:
    • Tier 1: 認可を受けた薬局を通じたアクセスの拡大: この層は、明確な規制枠組みの下で既存の薬局を医療用大麻の販売に再利用できるようにすることで、移行を合理化します。さまざまな症状を持つ患者は通常どおりこれらの薬局にアクセスでき、訓練を受けたスタッフが患者のニーズに応じて適切な大麻製品を案内できます。
    • 反対派は、このようなオープンシステムは悪用につながる可能性があると主張するかもしれない。ただし、年齢確認、明確な用量ガイドライン、積極的な教育環境などの厳格な規制により、これらのリスクを軽減できます。責任ある使用を促進する国民教育キャンペーンも重要です。
    • 重要なのは、この層により、患者が治療期間をより細かく制御できるようになり、特定の症状に対する大麻の利点を探求できるようになることです。調剤薬局は、壁にインフォグラフィックスを貼った個別学習センターになること、オンラインで査読済みの医療用大麻情報にアクセスすること、さらには処方箋を記入することも含めて、診療所としての役割を果たすことを義務付けることができる。
  • 階層 2: 複雑な条件に対する処方箋ベースのアクセス:
    • この層は、医師の継続的な監督が必要で、高THC製剤または特殊な大麻製品を必要とする可能性のある複雑な病状を持つ患者に対応します。これにより、そのような場合には医師が継続的に関与することが保証されるとともに、この患者は他の製品を紹介されたり、医療専門家が規定していないものの購入を勧誘されるべきではない患者であることを従業員に伝えることができます。

 

タイの利点: 伝統的な知恵と現代科学の活用

エンドカンナビノイドシステム(ECS)に関する研究の最近の爆発的な増加は、何世紀にもわたって大麻を利用してきたタイ伝統医学(TTM)の実践で観察された治療効果の科学的根拠を提供しています。

科学的根拠に基づいた医療大麻治療が確立された TTM 実践とシームレスに統合され、患者に医療に対する真に総合的なアプローチを提供する未来を想像してみてください。これは、医療ツーリズムの世界的リーダーとしてのタイの地位を確固たるものにするだけでなく、医療大麻業界内のイノベーションを促進し、伝統的な実践と現代の科学的理解の相乗効果を活用した新しい治療選択肢の開発につながるだろう。

オープンな対話と証拠に基づく政策決定の呼びかけ

タイの大麻政策にとって今後数カ月は極めて重要となる。ソムサック・テプスーチン氏のアプローチと大麻法の行方はまだ分からない。タイが世界的な大麻イノベーションの中心地として繁栄する未来を実現するために、次の原則を受け入れることをお勧めします。

  • オープンダイアログ: 政策立案者、医療専門家、業界関係者、一般大衆の間のオープンで透明性のあるコミュニケーションを促進します。この協力的なアプローチは、すべての懸念事項に対処するソリューションを作成するために不可欠です。
  • 証拠に基づいた政策立案: 大麻の治療上の可能性とその潜在的なリスクに関する最新の研究における基本的な政策決定。これにより、規制が効果的であり、公共の利益に役立つことが保証されます。
  • 患者中心のアプローチ: 患者のニーズと健康を優先します。 2 層の Expansive Medical Cannabis システムは、アクセス ポイントを拡張し、複雑な症例に対する医師の監督を確保しながら、治療行程をより詳細に制御できるようにすることで、患者に力を与えます。

 

タイの明るい未来

抱きしめることで 拡大する医療大麻 タイは大麻の可能性を最大限に引き出すことができるという提案です。

  • 責任ある大麻規制の世界的リーダーになるために: タイは、安全性、アクセシビリティ、責任あるイノベーションへの取り組みを実証し、大麻合法化を検討している他の国のモデルとしての地位を確立することができます。
  • 繁栄する医療大麻部門の育成: レクリエーション用の薬局を再利用すると、高品質の医療大麻のハブとなり、医療大麻業界内の競争とイノベーションを促進できます。これにより、タイの経済成長と雇用創出を促進しながら、患者にとって安全で効果的な大麻製品の多様性が高まります。
  • 医療大麻治療における革新の灯台: 伝統的な実践と現代の科学的理解を統合することで、タイは新しい大麻ベースの治療選択肢の開発におけるリーダーとなることができます。これはタイの患者に利益をもたらすだけでなく、国際的な医療観光を誘致し、経済をさらに促進することになる。
  • 世界的な医療ツーリズムの目的地として台頭: 強力な医療大麻プログラム、タイで確立されたタイ伝統医学の伝統、そしてホスピタリティに対する評判のユニークな組み合わせにより、医療ツーリズム部門の繁栄を生み出すことができます。最先端の大麻治療と医療への総合的なアプローチを求めて、世界中から患者がタイに引き寄せられるでしょう。
写真:Thansettakij

実施要請

  拡大する医療大麻 この提案は、公衆衛生、経済成長、責任あるイノベーションを優先する、実用的で予防的かつ患者中心のソリューションを提供します。既存のインフラを活用し、患者が治療過程をより細かく制御できるようにし、堅牢な医療大麻産業を育成します。

この枠組みを受け入れることで、タイは責任ある革新的な大麻使用の世界的リーダーとなる歴史的な機会を掴むことができます。

タイの尊敬される指導者の皆様には、オープンな対話を受け入れ、証拠に基づいた政策決定を優先し、この重要な対話の最前線に患者のニーズを置くよう強くお願いします。私たちは力を合わせて、タイ国民の利益と世界舞台での地位のために大麻の膨大な可能性を解き放つことができます。

誠意をこめて、

カール・K・リン

American Journal of Endocannabinoid Medicine、政策担当エグゼクティブバイスプレジデント

ニュースレター登録
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。