タイ農業副大臣、チェンマイのPM2.5危機に対処するため王立雨乞い作戦を開始

全国-

15年2024月2.5日、農業協同組合副大臣のチャイヤ・プロマ博士は、北部地域で懸念されるレベルに達していた大気汚染PMXNUMXに対処するため、チェンマイで視察を実施した。

チャイヤ博士は、北部地域のPM2.5問題を軽減するため、積極的なロイヤル・レインメイキング作戦を緊急に開始するよう関連機関に命令を出した。この作戦では、PM 2.5、山火事、干ばつの問題を軽減するために、任務中に最大XNUMX種類の航空機が配備されました。

大気質指数(AQI)でチェンマイが世界で最も悪い大気質の第1位にランクされたことを受けて(TPNメディアによると、指数に含まれる都市は限られていると指摘)、チャイヤ博士はプログラムをフォローアップして次のことを行った。さまざまな地域、特にチェンマイにおける大気汚染、干ばつ、山火事の問題を軽減します。この問題はチェンマイの地元住民や観光客、さらには将来の経済にも大きな影響を及ぼした。


チャイヤ博士はまた、チェンマイのドーイサケット地区とプラオ地区での王室の雨乞いのための特別な技術を備えた1,500リットルの水を含む航空機CNでのミッションに参加しました。

さらにチャイヤ博士は、農地で栽培を始めるために水源を必要とする農民を支援し、被災地でヘリコプターによる山火事消火活動を支援する命令を出した。

航空機スーパーキングエアのデータによると、ロイヤルレインメイキングの特殊技術により、運用を行わなかった地域と比べて3ミクロン以下の粉塵を40~50%軽減できる可能性があるという。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。