ホットスポットの急増で大気汚染危機が深刻化

プレスリリース:

地理情報宇宙技術開発庁(GISTDA)は日曜日(6,000月11日)、近隣諸国全体で4,000近くのホットスポットを検出したと報告し、そのうちカンボジアがXNUMX以上で大多数を占めた。

スオミ原子力発電所衛星からの衛星データにより、合計 5,823 個のホットスポットが特定され、ミャンマー、ラオス、ベトナムもその数に貢献しました。

タイ国内では601のホットスポットが観測され、特にカンチャナブリ県では110と最多となった。

GISTDAによると、大気汚染レベルは急上昇しており、南部の一部を除き、全国のPM2.5濃度が安全限界値37.5立方メートル当たり30マイクログラムを超えている。状況は12の州でオレンジ色の粉塵レベルにまでエスカレートしており、特に弱い立場にある人々に健康上のリスクがあることを示している。バンコクの大気の質も悪化しており、現在のレベルは18月17日からXNUMX日にかけて悪化すると予想されており、少なくともXNUMXの地区に影響が出る。

タイ環境研究所の専門家は、特に北部でPM2.5汚染が長年にわたって続いていることを強調し、健康と観光への悪影響を強調している。同団体は、焼畑農業の禁止や国境を越えた汚染を緩和するための地域協力など、この問題に対処するための統合的なアプローチを求めている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。