ウェールズの父親、タイでの休暇中の事故で人生を変える現実に直面

ロンダ・サイノン・タフのチャーチ・ビレッジに住む54歳の父親、リーさんにとって、タイへの一見牧歌的な家族旅行は、人生を変える悪夢に変わった。地域作業療法士としての献身的な活動で知られるリー氏のキャリアは、障害のある人が自立して生活できるようにすることに焦点を当てていました。皮肉なことに、彼はバイク事故で腰から下が麻痺してしまい、現在同じような課題に直面している。

リーさんと妻のクレア・フランシスさんが19カ月会っていなかった娘ケイティさんとの楽しい再会を目的としたリーさんの旅行は、2024年XNUMX月XNUMX日に悲劇で終わった。事故は旅行の最終日に起こり、家族の幸せは打ち砕かれた。そしてリーの人生コースを不可逆的に変えてしまった。

事故の余波は悲惨なものだった。リーさんは肋骨の骨折、脊椎3カ所の骨折、重度の肺挫傷など複数の重傷を負った。彼の状態は急速に悪化し、タイ南部のクラビ病院で救命救急を受けることになり、そこで気胸、血胸、肺塞栓症と闘った。これらの合併症により彼の治療と回復は著しく妨げられ、食べることも話すこともできず、一週間人工呼吸器をつけなければならなかった。

減圧手術は成功したものの、予後は厳しいものでした。リーは二度と歩くことはできないのです。このニュースは、身体活動やスポーツと生活が結びついていた人にとって特に衝撃的でした。元バスケットボール選手であり、18歳以下のウェールズ女子チームのコーチでもあるリー氏は、ペン・イ・ファンでの散歩を個人療法として大切にしていました。今、彼はこれらの情熱のない未来に立ち向かわなければなりません。

ウェールズに戻る旅は悲惨なものでした。リーさんは 18 時間の担架飛行に耐えましたが、これは彼の回復力と家族の揺るぎないサポートの証です。娘のアビゲイルさんは、異母兄弟のディランさんとメナさんとともに、複雑な保険適用を乗り越え、リーさんの医療費と本国送還費用を確実に賄った。

帰国後、リーさんはカーディフのウェールズ大学病院に入院し、回復を続けている。ウェールズの地への復帰は安堵したものの、痛みと彼の状態の厳しい現実を特徴づけた。病院のベッドから語ったリーさんは、自宅に戻れたことへの感謝と将来への不安が入り混じった表情を浮かべた。

身体的、精神的な負担にもかかわらず、リーの不屈の精神は輝きを放っています。彼はすでにバスケットボールに関わり続ける方法を検討しており、おそらく車椅子バスケットボールの指導を通じて、愛するスポーツに貢献するための新しい方法を見つけて適応するという決意を示しています。


この事故は、安全性と備えについての厳しい教訓にもなった。 リーさんはヘルメットを着用し、包括的な旅行保険を賢明に選んだおかげで生き残れたと信じている.

彼は現在、同様の悲劇を防ぐことを望んで、他の旅行者にこれらの予防措置を推奨しています。

リーさんの妻クレアさんは「幸運にも」重傷を負わずに済んだが、現在は事故の精神的、肉体的後遺症に対処している。

この夫婦の試練は、人生が突然変化する可能性があること、そしてそのような課題に直面する際のサポートと愛の重要性を浮き彫りにしています。

リーさんは、新たな現実に適応するために自宅を大幅に調整する必要があり、資金とアクセスのしやすさという厳しい現実に直面しています。他の人がこれらの課題を乗り越えられるよう支援するという専門知識を持っているにも関わらず、彼は残酷な運命のいたずらに巻き込まれ、自分の家に必要な改修を確保するのに苦労していることに気づきました。 このギャップを埋めるために、彼の家族によって GoFundMe ページが設立されました、コミュニティのサポートと逆境を克服するという人間の共通の経験を示しています。

リーの物語は、人生のもろさと人間の精神の強さを痛切に思い出させます。長期の入院とリハビリに備える彼は、日々の進歩に集中し、愛する人や見知らぬ人たちからの圧倒的なサポートが、困難な課題に直面したときの希望の光となっている。

事故後のヘルメットが彼の命を救ったとされている。