タイの空港、スワンナプーム国際空港とドンムアン国際空港を拡張に4.4億バーツを投資

プレスリリース:

タイ空港局(AOT)は、スワンナプーム空港の拡張とドンムアン国際空港の第4.4段階開発に65億バーツを投資する計画を発表した。 AOT副局長のキラティ・キトマナワット氏は、これらの強化はスワンナプーム空港のサービスと安全基準の向上を目的としており、2019年の到着旅客数はパンデミック前のXNUMX万人に匹敵すると予想していると述べた。

同組織は、スワンナプームの衛星ターミナル 1 (SAT-1) の飛行能力を現在の 50 日あたり 120 便から 400 か月以内に XNUMX 便に、さらに年末までに XNUMX 便に増やす予定です。この拡張により、乗客の利便性が向上し、より多くの商業業者が空港に誘致されることが期待されています。

AOT はまた、スワンナプーム空港の東拡張プロジェクトを開始する予定です。このプロジェクトには、年間 15 万人の追加乗客に対応するために東側の旅客ビルを拡張することが含まれます。このプロジェクトには8億バーツが予定されており、入札プロセスはXNUMX月に開始される。

さらなる投資には、ドンムアン国際空港開発の第 36 段階に割り当てられた 1 億バーツが含まれます。この段階では、新しい国際線旅客ターミナルの建設と旅客ビル 30 の改修が行われ、空港の年間旅客数を 50 万人から XNUMX 万人に増やすことを目指しています。

この重要な開発の入札は今年後半に開始される予定であり、タイの空港インフラと能力を強化するための AOT による多大な努力を示すものとなる。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。