首相、国会演説で麻薬危機を強調

プレスリリース:

最近の議会では、この国の麻薬問題への取り組みという差し迫った問題が強調された。この懸念は、経済危機や教育危機と同じくらい深刻だと考えられている。

議論では、関係機関や既存の対策の改革の必要性だけでなく、学生団体への薬物問題の広がりも浮き彫りとなり、この問題が広く社会に浸透していることが示された。

これに対し、スレッタ・タビシン首相は、麻薬問題への政府の取り組みを強調した。

同氏は、政権が小規模および大規模の麻薬売人の逮捕と資産差し押さえの厳格化などの措置を通じ、この問題を根絶するための取り組みを強化していると述べた。

しかし、これらの逮捕にもかかわらず、メタンフェタミンの店頭価格は上昇していないことを認め、薬物乱用の連鎖を解消するにはさらなる努力が必要であることを示唆した。

さらに、十代の若者の間で人気になっているクラトム抽出物などの新しいタイプの薬物の管理や、電子タバコの入手しやすさについても議論が行われました。これらの問題は、薬物との戦いが時間と社会的状況の変化に対応するために常に進化しなければならないことを示しています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。