ルーマニア人観光客がパタヤのホテルのバルコニーから転落死亡

パタヤ—

63月7日金曜日の朝、5歳のルーマニア人観光客がパタヤのソイ9にあるXNUMX階建てホテルのバルコニーから転落して命を落とした。

この事件は午前9時30分頃にパタヤ警察に通報された。警察官と救助隊員が身元不明のホテルに到着すると、バルコニーの下の庭エリアで、家族と大使館の通知が出るまで名前が伏せられていた63歳のルーマニア人男性の生気のない遺体が発見された。

被害者は黒いパンツだけを着ており、頭部に重傷を負い、手足は脱臼していた。当局は現場を封鎖し、遺体を近くの地元病院に搬送した。被害者の妻は事件現場に居合わせ、悲劇的な事件に明らかに取り乱していた。彼女は報道陣に対して声明を出さなかった。

ホテルの従業員であるソムジャイ・ベンデンさん(54)は、ホテルの池の近くで仕事をしていたとき、頭上で大きな音が聞こえたと述べた。驚いた彼女が見上げると、犠牲者は4階のバルコニーの手すりにしがみつき、その後、力を失って下の地面に落ちた。ソムジャイさんはすぐに当局に通報した。

事件の原因はまだ特定されておらず、パタヤ警察が現在捜査を行っている。

ここは 私たちがここで報告したように、パタヤでは少なくとも過去1週間で3人目の観光客がホテルのバルコニーから転落した。

あなたまたはあなたが知っている誰かが落ち込んでいると感じている場合は、助けを求めてください。 パタヤニュースは、ここで到達できるタイのサマリア人を示唆しています:

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。