パタヤのソンテウ運転手、中国人客をめぐる口論の末、競合他社を暴行

写真:รักสยามนิวส์

パタヤ—

先週末、ソンテウの運転手2人が南パタヤ通りで中国人観光客を誰が輸送するかについて激しい議論を繰り広げた。この口論の結果、運転手の1人が入院し、もう1人は現在法的責任に直面している。

事件は11月30日午後4時3分ごろ、サウス・パタヤ・ロードのグランド・ハニー43付近で発生した。喧嘩の通報を受けて警察と救助隊が到着すると、ソンテウの運転手コンサック・プラコチュウさん(XNUMX)が負傷して歩道に横たわっているのを発見した。コンサック氏は顔が腫れ、鼻と口から出血し、左目を閉じていたため、大きな懸念を引き起こした。最初の応急処置を受けた後、さらなる治療のためパタヤ病院に緊急搬送された。

もう一人の関与者、47歳のパカポン・ドゥアンクムさんは、現場から逃げようとせずに警察に自首した。同じくソンテウの運転手であるパカポン氏も取り調べの中で、コンサック氏が妻と子の目の前で侮辱的な言葉を投げつけたと主張し、コンサック氏を2度蹴ったことを認めた。

パカポン氏は、中国人乗客を乗せようとしていたところ、コンサック氏に乗客を盗まれ、ノース・パタヤ・ロードからサウス・パタヤ・ロードまでずっと競争相手を追いかけることになったと説明した。その後、パカポン氏はコンサック氏と激しく口論し、その後、両者の間で喧嘩が勃発した。

彼の声明の後、パカポン氏はさらなる捜査と法的影響のために警察に拘留された。一方、コンサック氏の妻であるピクン・カントンゲン氏は、法の最大限の範囲で夫の加害者に対して法的措置を講じると述べた。彼女は、夫がパカポンさんから客を奪ったわけではなく、客は自分でパカポンさんのタクシーを選んだと主張した。

パカポンさんも負傷のため手術を受けなければならなかったと妻が語った。

写真:รักสยามนิวส์
写真:รักสยามนิวส์

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

フォローをお願いします Facebook, Twitter, グーグルニュース, Instagram, チクタク, Youtube, Pinterest, Flipboard, スレッドまたは タンブラー

アラートを破るためにLINEに参加してください!

または、 アラートを破るためにTelegramに参加してください!
法律相談や弁護士が必要ですか? お手伝いします。 ここをクリック。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。