ナ・ジョムティエンビーチ住民は花火、ビーチ侵入、騒音公害を懸念

ナ・ジョムティエン、サッタヒープ-

私たちの常連読者の多くが繰り返し問題として覚えているであろう話の中で、ナ・ジョムティエンの住民はタイのメディア、警察、地方自治体当局に対し、さまざまな企業によるビーチへの侵入、騒音公害、花火、手作り品などについて懸念を表明した。バーは夜通し営業しています.

この 確かに、こうした問題が懸念されるのは初めてではない、この話は過去数年間に何度か取り上げてきました。公平を期すために言うと、この問題は一般に知られた後、通常は地元当局と法執行機関の共同の努力で解決されるが、残念ながら恒久的または長期的な解決策にはならないようだと地元の関係住民は言う。

特に問題となっている地域は、ナ・ジョムティエン管轄内のジョムティエンビーチの端に位置しており、パタヤではなくサッタヒープ当局の管轄下にある。ここは人気のタイ料理シーフードレストランがいくつか近くにあります。

エリアはちょうど 以前は浸食によって砂がほぼ完全に消滅した後、最近、ここ数年でビーチが拡張されました。。地元住民は新しいビーチに満足し、人々がビーチを楽しむことを喜んでいる一方で、これまで「静かな」夜間だった近隣のコンドミニアムの何千人もの住民やホテルに滞在する観光客の生活を困難にする行為についても懸念している。特にパタヤビーチと比較して。

また、この地域は車線が少なく狭い道路が1本しかなく、道路拡張の提案もなされているものの、現状では大量の交通量に対応できていません。

地元の関係住民によると、現在の問題は複数ある。その中には、毎晩、午前2時から3時の間に非常に大きな花火が打ち上げられることが多く、住民が眠れないことや、バーが法定閉店時間の午前4時を大幅に過ぎて営業していることなどが挙げられる(この地域はXNUMX時間規制ではない)。パタヤ中心部のような AM ゾーン)、一部の会場ではビーチに椅子やテーブルを置くが、これは以前当局によってこのエリアで禁止されていたこと、そして全体的な騒音とゴミの汚染。

ナ・ジョムティエンビーチの住民らは、最近警察や地方自治体当局に多くの苦情を申し立てたが、期待するような結果は得られなかったと述べている。

住民らはパタヤニュースに対し、夜間のビーチへの立ち入り禁止や夜間外出禁止令などは求めておらず、ただ法執行機関が定期的にパトロールを行い、深夜の騒音公害がないことを確認することだけを望んでいる、と語った。花火の違法な販売と使用、ビーチへの侵入は禁止されています。

彼らは地元当局ができるだけ早く行動を起こすことを望んでいる。 TPN メディアは今後もこの記事を監視し、必要に応じて更新していきます。

アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。