デング熱の急増がタイの多くの県を襲い、感染者は8,000人以上に上る

プレスリリース:

デング熱はタイで重大な懸念にまで拡大しており、疾病管理省(DDC)は8,000月に13人を超える感染者とXNUMX人の死亡者を報告した。

DDCのトンチャイ・キーラティフッタヤコーン事務局長は、91.25人が罹患した前年4,286月と比較して症例数が8,197%急増していることを強調し、これまでにXNUMX人もの人がこの病気に感染していると指摘した。

デング熱はネッタイシマカによって広がるウイルス感染症で、熱帯および亜熱帯地域で流行しています。症状には、高熱、重度の頭痛、筋肉痛や関節痛、吐き気、嘔吐、皮膚の発疹、腺の腫れなどがあります。この病気は14歳からXNUMX歳の子供に高いリスクをもたらし、症例の大部分はタイの南部と中部で報告されています。

今年記録された死者数は11の州に及び、最高齢の犠牲者は65歳だった。感染拡大と闘うために、トンチャイ氏は、デング熱患者を治療する病院が予防策として蚊よけクリームやスプレーを他の病院に提供するようアドバイスした。

DDC事務局長は、さらなる感染拡大を緩和し公衆衛生を守るために、発熱している人、特に診断された患者の近くにいる人には直ちに医師の診察が必要であると強調した。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。