タイ政府当局、パタヤでライオンの子とオープンカーに乗った観光客を捜査へ

写真:Khaosod

パタヤ—

タイ国立公園局は、後部座席にライオンの子とみられるものを乗せたベントレーでパタヤの市街を走行していた外国人男性の捜査を開始した。

事件が来た 「Ann Isaan Russia (แอน อีสานรัสเซีย)」というユーザーが投稿したバイラル TikTok 動画から光を当てます。 このクリップには、パタヤのにぎやかな通りを横切る豪華なオープンルーフのベントレーに座っている白いライオンの姿がはっきりと映っていた。

映像では、数人の運転手がライオンとの距離が近いことから、ライオンの存在を懸念し、やや不安を感じている様子が映っていた。しかし、ライオン自体は穏やかで飼い慣らされているように見え、首輪とリードを持っているように見えました。

この事件を受けて、国立公園局長のアタポン・チャロエンチャンサ氏は、ただちに関連職員に事件の調査を命じた。

アタフォン氏は、23月15日の時点で、当局が問題のライオンの子の所有者を特定し、所有権文書を確認しようとしていると述べた。現在、チョンブリー県でXNUMX頭のライオンの所有権を法的に宣言しているのはXNUMX人の個人とXNUMXつの動物園だけだ。タイではライオンなどの珍しい動物を飼うことは合法ですが、ある程度広範な許可とライセンスが必要です。

報道時点では、動画に映っている外国人がライオンの飼い主なのか、またどのようにしてライオンを入手したのかはまだ明らかになっていない。それにもかかわらず、アタフォン氏は、正式な許可を得て輸送しない限り、捕食動物を飼育のために許可された区域から持ち出したり、不適切な車両で公共の場所を走り回ったりすることは依然として違反とみなされていると述べた。

アタフォン氏はさらに、ビデオに基づいて、ライオンはおよそ生後5〜6か月であると述べた。現在人気の高いホワイトライオンで、一頭の値段は約500,000万バーツとなっている。この人気は、特にチョンブリー地域で、外国人およびタイ国民の両方に見られます。

アタポン氏は国民に対し、この事件に関する詳しい情報を得るために1362ホットラインを通じて国立公園局に連絡するよう呼び掛けている。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。