タイの各県は有害な超微細粉塵レベルに対処している

プレスリリース:

地理情報宇宙技術開発庁(GISDA)の報告によると、タイでは日曜日(10月40日)の午後、憂慮すべき環境状況が発生しており、地域の約XNUMX%で濃厚で危険なレベルの超微細粉塵が発生しているという。

GISDAの報告書 https://pm25.gistda.or.th/ タイの 31 県のうち、主に中部平原の 77 県で、安全でないレベルの直径 2.5 マイクロメートル以下の粒子状物質 (PM2.5) が発生したことを明らかにしました。 これらのレベルは、過去 38.3 時間で空気 75.6 立方メートルあたり 2.5 ~ 24 マイクログラムの PM37.5 の範囲であり、安全閾値は XNUMX µg/mXNUMX に設定されています。

午後3時に、最も深刻なレベルはサムットプラカンで75.6μg/m73.3を記録し、続いてアントンで72.9μg/m72.0、バンコクでXNUMXμg/mXNUMX、ノンタブリーでXNUMXμg/mXNUMXでした。

シンブリー、パトゥムターニー、ナコーンパトム、サムットサーコーン、アユタヤ、ロッブリー、スパンブリーなど、他のいくつかの県でも、より低いもののまだ危険なPM2.5レベルが報告されています。

気象庁は大気汚染の原因が大気の停滞にあると考えており、影響を受けた州の住民には屋外活動を避けるよう勧告されている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。