ガザの緊張下でさらに多くのタイ人人質が解放される

プレスリリース:

バンコク(NNT)-タイ外務省(MFA)は、4月XNUMX日にタイに帰国する予定のタイ人労働者XNUMX人が最近解放されたことを受け、ハマスに拘束されているタイ人人質XNUMX人の解放に向けた交渉を進めている。

パーンプリー・バヒッダ=ヌカラ外務大臣は、ガザ地区での停戦停止がさらなる解放を妨げる可能性について懸念を表明した。 MFAは人道支援を促進し、さらなる損失を防ぐために交渉の再開と停戦延長を求めた。

MFA報道官カンチャナ・パタラチョーク氏の発表によると、解放されたタイ人労働者XNUMX人は本日スワンナプーム空港に到着する予定となっている。 帰国者はパッタナユット・トンソクリー、オワット・スリヤ、パイブーン・ラトニル、コン・セラオ、チャクラファン・シケーナ、チャレムチャイ・センゲーオである。

イスラエル軍は、ハマスが現在タイ人8人を含む​​139人を人質に取っていると報告した。 139月30日、17人のタイ人人質がパーンプリー大臣によってイスラエルから護送された。

これら帰還者はイスラエル当局から補償金を受け取る予定で、これには10,000万シェケル(約94,526万6,900バーツ)のキャッシュカードと、15,000カ月間の月額XNUMXシェケルの援助が含まれる。 彼らはまた、タイ政府の海外労働者基金からXNUMX万XNUMXバーツを受け取ることになる。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。