タイ、イスラエルからの国民の無事帰還を祝う

プレスリリース:

バンコク(NNT) – タイは、以前海外で拘束されていたXNUMX人の国民が無事帰国したことを歓迎し、同国の外交的勝利を示した。 二人はイスラエルのアル・シャミール医療センターに到着し、パーンプリー・バヒッダ・ヌカラ副首相兼外務大臣とタイ当局者のグループが出迎えた。

パッタナユット・トンスゴクリー氏とオワット・スリヤスリ氏は、イスラエルとハマスの紛争のさなか、拘束から解放される一連のタイ国民の最新人物である。 彼らの到着は国民の安堵の瞬間であり、政府関係者や同様の試練を経験し、先に解放された他の17人のタイ人らも祝った。

パーンプリー首相は、タイ国民2人が無事帰国したことに深い安堵の意を表明し、海外国民の安全と福祉に対する政府の取り組みを強調した。 この感情は出席者の間で共鳴し、国民の連帯感を反映したものとなった。

釈放後、彼らは健康状態を確保するための標準プロトコルである包括的な健康評価を受けました。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。