チョンブリーで息子が父親をナイフで暴行

チョンブリ—

チョンブリーで30歳の男性が父親をナイフで暴行し、被害者は複数の重傷を負った。

事件は21月11日午後54時頃、チョンブリー県バンラムン地区ナクルア地区で発生した。 被害者は10歳のウドン・チャンソンヌンさんで、自宅の前で服を脱いでいるのを救助隊員に発見された。 男性は左乳首の下に刺し傷を負ったほか、全身にXNUMXカ所の傷を負った。

ウドンさんは自身の息子、アディサック・チャンスンヌンさん(30)から暴力を受けたと報じられており、チョンブリー警察は逮捕時に違法薬物の影響下にあったと発表した。 救助チームはウドンさんに初期医療援助を提供し、その後病院に緊急搬送した。

ウドムさんの姪は、年齢が若いためフォナパスさんとのみ特定されたが、襲撃を目撃したことを明らかにした。 彼女は、容疑者のアディサックが暴行前に奇妙な行動をしていたと述べた。 伝えられるところによると、アディサックはタイの歴史上重要な人物であるナレースワン王の実の息子であると主張し、ナレースワン王の敵である目に見えないクメール戦士たちが彼に危害を加えようとしていると信じていたという。

アディサックにも薬物乱用歴があったが、治療を受けていた。 しかし、彼は最近薬の服用を拒否したとフォナパスさんは語った。

当局はさらなる捜査のためアディサックを拘留した。 法医学チームはアディサックさんの遺体から薬物サンプルなどの証拠を収集したが、ウドムさんは厳重な医学的監督の下、依然として重篤な状態にある。

登録する
目指せタナコーン
パタヤニュースのローカルニュース翻訳者。 Aim は現在バンコクに住む 24 歳です。英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っている彼は、この世界でのあらゆる成功には勤勉が不可欠な要素であると信じています。