バンコク、空気循環不良でPM2.5レベルの上昇に直面

プレスリリース:

バンコク (NNT) – バンコクは現在、空気の循環不良による PM2.5 粉塵レベルの急増に悩まされています。 バンコク大気質情報センター、タイ気象局、地理情報宇宙技術開発庁によると、バンコクでは今後 XNUMX 週間、さまざまなレベルの大気質が発生する見込みです。

今日(20 月 2.5 日)から、バンコクのいくつかの地域では中程度の PM21 レベルが発生すると予想されます。 しかし、23月24日からXNUMX月XNUMX日にかけて状況は悪化すると予測されており、特にバンコク東部と南部が影響を受け、健康に影響を与える可能性があります。 XNUMX月XNUMX日には、懸念地域がバンコク北部に移る。

25月26日までに改善が見込まれるが、バンコク東部と北部では引き続き厳重な監視が続く。 今週は 2.5 月 XNUMX 日に終わり、バンコク東部と南部では中程度の粉塵状況が見られます。 それ以来、関連部門は、PMXNUMX 問題と闘い、公衆衛生への影響を軽減するための取り組みを強化する任務を負っています。

住民は、iOS および Android で利用できる AirBKK アプリケーションなどのリソースを使用したり、www.airbkk.com にアクセスしたり、バンコク首都局 (BMA) のさまざまな Facebook ページや LINE チャネルをフォローしたりして、大気の質に関する情報を常に入手することをお勧めします。 一般の人々は、バンコク市当局が運営する苦情報告および管理システムである Traffy Fondue アプリケーションを通じて汚染源を報告することが奨励されています。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。